石巻市 雄勝町伊達の黒船太鼓保存会の公式ブログ  DATE NO KUROFUNE TAIKO of Ogatsu Official Blog.

2013/12/27

1月2日 S-PAL仙台本館 初売りにて

2014年の新年に、仙台のS-PAL本館にて雄勝町伊達の黒船太鼓の初鳴らしがあります!
伊達の黒船太鼓ともう一組が円通院の紅葉ライトアップでも一緒だった、
「ソニド・デル・ビエント」です!
是非、お正月にお会いしましょう。


S-PAL 初売りイベント

・雄勝町「伊達の黒船太鼓保存会」和太鼓演奏
14:00~ /  16:20~
場所:本館1Fエスパルスクエア

・「ソニド デル ビエント」ライブ
14:20~ / 16:00~
場所:本館1Fエスパルスクエア

・縁起振る舞い 各回先着100名様
13:30~ /  15:30~
場所:本館1Fエスパルスクエア




関連記事

今年の初鳴らし

2013/11/11

11月30日 - 12月1日 鳴子温泉 「鳴響 pH:5.0」

先日お世話になった、鳴子温泉にて、
鳴子の自炊湯治文化、木地、こけし文化、そしてお湯と
現代芸術のイベント「鳴響 pH5.0 (なるきょう ぺーはー 5.0)」で
今度は「伊達の黒小舟」として演奏が決まりました。
演者は会長神山と四倉の二人です。

我々は12月 1日の日中(おそらく正午前?)に
潟沼と呼ばれる場所の湖面に舟を浮かべて演奏いたします。



鳴響 pH:5.0 鳴子温泉郷 



日時:
11月30日(土)
15:00 program start (好日館〜岡崎斉の店〜桜井こけし店)
18:00 open/start(Chillout lounge 姥の湯旅館)

12月1日(日)鳴響ミニ オプショナルツアー(限定数)
17:30 (グランド・フィナーレ 鳴子御殿湯駅)
 

料金:
二日通し券:¥4,000(30日のみの場合も同額)
宿泊付券: ¥7,500〜各種

*『鳴響』の楽しみ方は宿泊付きが基本。
*代金は当日受付でのお支払いとなります

イベント内容の詳細→→ 公式サイトより

出演:

[Guest/Live]

Jai Machine (Jai + Nerve(antennasia) + yukki(Coupie))
antennasia
PsysEx
Firo
いろのみ
伊達の黒小舟

[こけしセッション](鳴子系伝統こけし継承者)

岡崎斉一
桜井昭寛


[音響・MC]

タカハシマサト(Radio Freedom FM)
橋元成朋


[VJ・空間,映像インスタレーション]

東京食堂
Majio
宮本悠合





2013/10/30

女川潮騒太鼓轟会 二十周年祈念公演

となり町の女川町の芸能の和太鼓、「女川潮騒太鼓轟会」の
二十周年記念公演に参加させていただきます!
轟さんとは長年仲良くさせていただいていて、
震災で女川も大きな被害を受けましたが、一生懸命に共に頑張っています。

様々な和太鼓団体が出演しますので、
是非とも芸能、太鼓が好きな方は遊びにいらして一緒に女川の轟さんを応援しましょう!


日時:2013年11月23日(土)開場 12:00 開演 12:30
会場:女川小学校 体育館 (入場無料)
出演:譛岐まんのう太鼓保存会
   閖上太鼓保存会
   奥州柴田一番太鼓
   北中山観音太鼓
   創作和太鼓"駒の会"
   石巻日高見太鼓
   雄勝町伊達の黒船太鼓保存会
   女川潮騒太鼓轟会




おがつ店こ屋街 2周年記念祭

東日本大震災があった2011年
その年の11月にオープンした「おがつ店こ屋街」の2周年記念祭が
11月16日〜17日 の二日間あります。
我々、雄勝町伊達の黒船太鼓保存会も17日(日曜)に出演いたします。

雄勝を支援してくれた様々な方々、雄勝の人達が一堂に会する
イベントになっています。

様々な催しなどがあるそうですので是非是非雄勝の「みんな」と
再会しましょう。


【11/16ステージ出演者】

※敬称略、あいうえお順

・asari(音楽)
・明日襷(お神輿)
・宇田川ガリバー哲男(音楽)
・雄勝中学校(和太鼓)
・寿寅多宣伝社(ちんどん屋)
・TAE(音楽)
・翼tasku(音楽)
・中村 耕一(音楽)
・町田 剛(紙芝居)
・メリチョコ(音楽)
・優和 恵(書道パフォーマンス)
・りんどう(音楽)


【11/17ステージ出演者】

※敬称略、あいうえお順

・葵(音楽)
・明日襷(お神輿)
・オリジナルカラー(音楽)
・高橋エレオノーラ(音楽)
・伊達の黒船太鼓保存会(和太鼓)
・TONES-おんがくりょうほう1/f(合奏)
・鈴々舎馬るこ(落語)


Facebookの公式ページ(こちら)をチェックです。
以下、実行委員長の高橋頼雄さんより。

--------------------------------------------------------

今の雄勝を見てください!


おかげさまで石巻市雄勝町の仮設商店街『おがつ店こ屋街』は、
もうすぐ2歳になります。
震災から8か月たった11月にオープン致しましてから多くの方々のご支援、
ご愛顧のもと地域の生活の支えとなり、観光や視察、
ボランティアの方々の憩いの場として愛されてまいりました。

オープン前から様々なイベントを続け、
ジャンルを問わず多くのアーティストの皆様に雄勝を盛り上げて頂きました。
今回の2周年では、雄勝に関わっていただいた多くのアーティストの皆様に
お声掛けいたしまして、『おがつ店こ屋街』の2歳を祝って頂きたいと
お願い致しております。すでにご承諾いただいた方々も多く、感謝申し上げます。

雄勝総合支所や伝統産業会館、学校など被災した大きな建物はすべて解体され
山際に少しの草原があるだけの雄勝ではありますが、
おいしい海の幸と雄勝硯、工芸品、そしてなにより雄勝でふんばる人がいます。
会いに来てください。

出演する人も、売る人も、もちろんお客様も、
みんなで『店こ屋』の2歳のお祝いを楽しみましょう。
寒い時期になりますが、11月16、17日はぜひ雄勝へお越しください。
今できることを、ひたむきに。

おがつ復興市実行委員会
実行委員長 高橋 頼雄


鳴子温泉 東屋足湯5周年記念



震災後からご縁を持たせていただいている鳴子温泉。
そこにある無料休憩&ギャラリースペース「好日館」の設立周年記念イベントに
参加させていたきます。
好日館の近くにある「ほっとパーク」。そこの東屋足湯の5周年だそうです。

昨年は神山会長と四倉の二人での演奏でしたが、
今年は保存会メンバー総出で出演いたします。

公演後は、紅葉も良い時期で、ゆっくりと湯巡りをして
心身の疲れをとろうと思います。
そんな湯治をしに鳴子へいかがですか。


場所 鳴子温泉 ほっとパーク
日時 11月 3日 (日)  第一公演 10:30/ 第二公演 14:00


因みに、鳴子温泉にも"伊達"なものがあります。
その昔、伊達政宗の時代に伊達家の鉄砲隊が鳴子温泉で商いを
しながら住んでいたとか。
その目的は「硫黄」で、硫黄から火薬を生成して、
関所(尿前の関)を守っていたのだとか。

鳴子温泉は雄勝などの「海」とは違う「山」の文化圏。
それに様々な文化が入り交じる地域でもあって、個人的に相当面白いと思います。
(蝦夷、アテルイや修験者、生地職人、こけしなど)



共に・前へ!元気に頑張る商店街まつり

11月2日、3日の二日間、
石巻の中央・立町の商店街が一緒になるイベント

「共に・前へ!元気に頑張る商店街まつり」


建ての黒船太鼓保存会も参加が決まりました。
アイトピア商店街と立町商店街で1公演ずつあります

出演の日時・場所はこちらです。

日時:11月 2日 (土)
場所:アイトピア商店街 みやぎ生協アイトピアホール前 (10:00〜 )
   立町商店街 北日本銀行 駐車場 (11:30〜 )

おひねり大歓迎です。

サンファン出帆400年にちなんで、
「400円商店街」というイベントもあり、400円で買える商品、サービスが
あるそうです。

また、同日に石巻のサン・ファンパークでも
サンファンフェスティバルが開催されているので、是非とも足を伸ばし
400年前の"伊達"な復興を体験してみてはどうでしょうか。

我々も伊達政宗のお気に入りの雄勝から、
未来への狼煙を太鼓の音にして響かせていきます。


2013/10/29

松島 紅葉ライトアップ 2013 (円通院、観瀾亭、瑞巌寺洞窟群)


去年から宮城県にある日本三景の一つである松島町の円通院さんと
ご縁をいただき、参加させてもらっている
「松島紅葉ライトアップ」という1ヶ月間の祭に今年も
参加させてもらうことになりました。
去年の様子はこちらです

今年は
10月26日 (土)〜 11月24日(日) 17:00〜21:00

その日の内の初日と千秋楽に
瑞巌寺の門前で17:00と19:00に2公演させてもらうことになりました。

円通院、瑞巌寺という伊達家と深い縁のある場で、
雄勝町伊達の黒船太鼓が演奏する、とても感慨深い公演になりそうです。





ライトアップ期間中は毎日、円通院の中で
県内の音楽家達の演奏もございます。

詳しくは、公式ページにて。
http://www.entuuin.or.jp/topics/131003/index.html



2013/09/26

活動報告 その5 くりはら万葉祭

9月22日

この日は宮城県栗原市にある「風の沢ギャラリー」で開催された
くりはら万葉祭」に出演させていただきました。



風の沢ギャラリーのオーナーの杉浦氏と昨年からご縁を持てたのを
きっかけに出演させていただきました。

「くりはら万葉祭」は2009年の岩手・宮城内陸地震の震災で被害を
受けつつも、栗原の人々が笑顔で立ち上がり、壊されたものを直したり、
新しく作り出したりとする姿を見て、何か出来ないかと発足された祭と伺いました。

以下、公式サイトより
------------------------------------------------------------
地震という大きな災難を受けたにも係わらず、
栗原の人々の笑顔に心動かされ、皆様の前向きな姿に接することで、
何かお手伝いすることができないかと思い「くりはら万葉祭」を始めました。
人々はいつでも、ものを作り、壊され、また作り、立ち上がり、
そうして延々とつながってきたことを改めて考えてみたいと思います。
大人と子どもが一丸となり、破壊とは何か、創造とは何かを学び合う絶好の機会です。
命を生み繋ぐ土と、それを焼成する火。
しかし、時として土と火は命を奪い破壊してしまいます。
その土と火を使った万葉の時代から続く人類最初の科学「焼き物」から、
これからの担い手になっていく、可能性ある子どもたちへ伝承し、
作ることから、ものを考え、憐れみ、勇気を持って生きていくことを願っております。
そして、栗原は転んでも立ち上がり生きる強さと笑顔が溢れているのだということを
内外に示したいと思っております。
-----------------------------------------------------------

そして、杉浦風之介さんと話をした時に

「東北を芸能の風で繋げていけたらな」

と、仰っていたのがとても印象的でした。

我々の2011年の東日本大震災で、海から水で破壊された経験もあり、
本当にシンパシーを感じました。

そして、何よりとても興味深ったのが、出演者のラインナップ。
本当に中々見れない山形、秋田、岩手などの郷土芸能団体が集まっており、
出演が無くても見に行きたい内容でした。

そして、祭の運営も地域の人達で行われていて、
本当に手作りの空間が物凄く心地良かったです。



そして、オープニングのご祈祷で龍笛を演奏されていた「山下進」さんも
実は石巻市雄勝町出身。こんなところで再会でした!


それから、城生野神楽の小学生達の打ち鳴らし〜鶏舞が奉納され始まりました。
実は南部神楽そのものを見たのが初めてで、
いつも石巻地域でよく見ている法印神楽との違いがとても新鮮でした。
使っている太鼓も締桶太鼓かな?で、長く細いバチを使用し、
バチ使いがとても独特で軽快なリズム。そして叩きながらの唄は見事でした。

14:46に、東日本大震災の犠牲者への黙祷が行われ、
そして「火のモニュメント」に点火されました。
その点火を行ったのが栗原市長と伊達の黒船太鼓保存会 副会長の畠中さん。
そしてそのモニュメントに填められている陶板には
「共に前へ」の文字。
その文字を入れさせてもらったのが、会長の神山さん、そして栗原市長。

そして、我々伊達の黒船太鼓保存会の一回目の演奏。
演目は新曲の「ひふみ」と続けて「図南の響」を披露させていただきました。

どんどん様々な芸能団体が披露しているのを、本当に楽しく見させてもらいました。






こんなヘリコプターカメラも旋回していて、もうなんだか凄かった。
iPhoneでも操縦できるらしい。
どういう映像が撮れたのか、公式の発表もとても楽しみです。



陽も落ちてくると、篝火が焚かれてまた雰囲気が良くなってきました。
そして、伊達の黒船太鼓の二回目の披露。演目は「伊達の太鼓」
メンバー、バチを折りまくる。

鹿踊、さんさ、津軽三味線、盆踊り、神楽。

どれを見ても本当に素晴らしかった。






うちの副会長の畠中さんと鈴木(寛)さんと、佐沼鹿踊伝承会の鹿さん方。
なんか、笑顔が憧れのヒーローに会った子どもみたい。



河北新報にも載せていただきました。








2013/09/25

活動報告 その4 日本ユネスコ運動 全国大会 in 東京

9月12日

震災から本当にお世話になっている「日本ユネスコ協会連盟」の
全国大会のオープニング演奏を飾らせていただきました。

伊達の黒船太鼓保存会だけではなく、雄勝法印神楽、そして鼓舞など、
雄勝の郷土芸能は本当に多大に支援をしていただいています。

震災から2年半が過ぎて、どういう活動を行ってきたかを
改めて知ることが出来て、改めてユネスコ協会、そして全国の支援して頂いた
方々に感謝の意と、震災の犠牲者への追悼の祈り、そして未来の希望へ向けて、
太鼓の音を打ち鳴らしてきました。


関連記事
日本ユネスコ協会連盟 全国大会 大会要項


活動報告 その3 コシノ・ジュンコ氏のワークショップ(稲井小学校)

9月12日
おがつ秋の芸祭 鼓舞が終わって落ち着く前に、
伊達の黒船太鼓保存会に衣装デザインの支援をしていただいた
コシノ・ジュンコ氏が稲井小学校にワークショップにやってきました。

日本とブラジル国交105年にちなんだ「日伯の新たな文化交流」
を目指すアートイベントの一環で、今回の稲井小学校(渡波小学校も震災後間借り中)
かたつむり作戦」というプロジェクトで、
渦巻状の殻の形の画用紙にブラジル、そして日本の両国の子ども達が描いた絵を
集めて展示するという内容です。

稲井小、渡波小の子ども達が本当に楽しそうに絵を描いていて、
良い意味で型破りな、まるでパウル・クレーやカンディンスキーを思わせるような
色使いもあったり、見ている方もとても面白かったです。

今回のワークショップでは、
会長の神山さんと、僕(四倉)の2人での少人数編成「黒小舟」で久しぶりに
演奏でした。

神山さんのバチがどんどん折れていくというハプニングもありましたが(笑)
気持ちと勢いは伝わったと思います。

演奏の後に、
「和太鼓をやりたい!」
っていう、子どもたち(大人も)いて、とても嬉しかったです。

稲井地区にも獅子舞などあって、どんどん地域に伝わる芸能にも
目を向けて、そして自由な表現も同時にやり、一人ひとりの芸術を
育んでいっていただければなと、願いを改にしたイベントでした。




関連記事
石巻市立稲井小学校 公式サイト
石巻日日新聞



活動報告 その2 おがつ秋の芸祭 「鼓舞」

9月1日に旧雄勝町総合支所前の店こ屋街にて、
初めて開催された祭り「おがつ 秋の芸祭 鼓舞」に参加しました。

震災で今は散り散りなった雄勝の人達が集まるきっかけ、篝火になる場を作り、
また昔ながらの古き良き祭を再現し、それを後世に残そうと
雄勝町の郷土芸能団体の有志が集まり、立ち上がりました。
発起人は雄勝法印神楽保存会の上山さん。

「チーム 鼓舞」という実行委員会が発足され、
実行委員長はなんと、会長の神山さん。

そして、伊達の黒船太鼓保存会から、大太鼓の阿部貴之、そして僕(四倉)も
実行委員会に入り、6月からテンヤワンヤとやっていました。

テンヤワンヤの内容は、鼓舞の公式サイトを見ていただくと、
少しは伝わるかな?と思いますので、そちらもよろしければ是非。


当日は、雨(台風!)の予報でしたが、奇跡的晴れ、
そして予想を遥かに上回る人達が来てくれてました。

懐かしい顔も沢山あり、本当にとても嬉しかった。

雄勝法印神楽保存会、そして伊達の黒船太鼓保存会が一同にするセッション的な
演目もこしらえました。

黒船太鼓も新曲を初披露
「ひふみ」という新曲は、雄勝石の玄昌石スレートで作った石琴、
横笛、そして太鼓で構成された曲。

震災後に活動再開することが出来た、雄勝町伊達の黒船太鼓。
「復活」した喜び、新たに「土」を踏みしめ、新しい「風」を受け入れる、
復活と風土を表現し、この曲もどんどん進化して行きます。








神山さんは黒船太鼓、鼓舞委員長、そして実は獅子舞愛好連にも入っているので
本当にこの日は大忙しでした。
副会長の畠中さんも愛好連と掛け持ち。




Asitaskiの山車も参戦!










本当にとても素晴らしい祭でした。
来年もさらに力をつけて臨みたいと思います。



活動報告 その1 按針祭

ご無沙汰の更新になってしまい、本当申し訳ございません!
告知などもどんどん遅れてしまいました。。。

もう、すっかり秋の虫の声に囲まれ、通り過ぎていった夏を思い出しています。
その夏、晩夏の活動報告です。


静岡県 伊東市での「按針祭 - 太鼓合戦」

8月9日に静岡県伊東市での「按針祭 - 太鼓合戦」に参加してきました。
2011年の東日本大震災からのご縁で、今年も参加させていただきとても嬉しかったです。
そのご縁のきっかけになった伊東市の「大川さん」
なんと、Youtubeなどの黒船太鼓の映像を見て「伊達の黒船」を覚えて、
石巻にたまにいらしていた時にも忙しいスケジュールの合間を縫って猛特訓をし、
その成果を今年の按針祭にての発表でした。

↓↓石巻に来た時の特訓の写真






雄勝の伊達の太鼓を、伊東の徳川の船の場で伊東の人間が叩くという、
なんだか、とても象徴的な嬉しいことでした。

按針祭本番では、もちろん伊達の黒船太鼓保存会の
コシノ・ジュンコデザインの新しい衣装を一緒に身にまっての演奏でした。

震災時に雄勝でボランティアをしてくれていた、
NUPURI FILMSの山本さんご夫婦もまた来て下さり動画を撮っていただきました。
大川さんは「伊達の黒船」で参加しています。
(演目:図南の響〜伊達の黒船)



また、按針祭では嬉しい再会も沢山ありました。
太鼓、そしてイベント出演で支援してくださった
八王子の「武州 今熊太鼓」さん。

会長、副会長が大怪我をして松葉杖をついているのですが、

「命かけてますから」

と、一言いい、そのまま大太鼓を叩いていたのは胸が熱くなりました。





関連記事
Yukki Footmarks - 7月から2ヶ月の間に 6 - 伊東と石巻 石巻編
Yukki Footmarks - 7月から2ヶ月の間に 7 - 伊東と石巻 伊東編

2013/07/23

伊豆・伊東 石巻 雄勝町 伊達の黒船太鼓交流会 2013

今年も静岡県伊東市との交流イベントを行うことが出来るようになりました!
なんと、今回は石巻市と伊東市の両市でのイベントになります。
今年は支倉常長のサンファンバウティスタ号出帆400周年の記念の年。
伊東の三浦按針のサンブエナベントゥーラ号との
400年を越えた新たな繋がりを記念出来るような交流になったと思います。


石巻市でのイベント



 場所:石巻まちなか復興マルシェ
 日時: 2013年 8月 3日(土)  9:30 〜 12:00

 コンテンツ

・雄勝町伊達の黒船太鼓保存会 太鼓ワークショップ
・「伊達の黒船」演奏と和太鼓体験
・伊豆の特産品と無料宿泊券、お菓子が当たる抽選会
・商店街と合同お楽しみイベント


主催:石巻雄勝伊達の黒船太鼓交流実行委員会
共催:伊東市・伊東市健康保養地づくり実行委員会
協賛:宮城県慶長遣欧使節団出帆400年記念事業・雄勝町伊達の黒船太鼓保存会
後援:石巻市・伊東市教育委員会・石巻商工会議所・伊東囃保存会
   (株)石巻街づくりまんぼう・雄勝硯生産販売組合・Revival Ishinomaki Project
   伊豆新聞・静岡新聞・三陸河北新報社・石巻日日新聞




大きな地図で見る


伊東市でのイベント


第67回 伊東按針祭

2013年 8月 8日(木)〜11日(日)


8日 19:30 - 21:00 松川灯篭流し
    18:00 - 19:30 ミュージカル「青い目のサムライ」

9日 18:00 - 20:00 第36回 太鼓合戦 @ なぎさ公園 (←伊達の黒船太鼓はこれに出演)

10日 12:30 - 13:45 按針祭式典

11日 13:00 - 15:00 按針祭音楽コンサート


按針祭のお問い合せ先
一般社団法人 伊東観光協会 TEL: 0557-37-6105





より大きな地図で 按針祭 を表示



交流会フライヤー




2013/06/27

会長 神山正行 和太鼓ワークショップ!



 石巻、東松島、女川の魅力発掘プログラム
 「石巻に恋しちゃった ・ 石恋

 様々な「達人」達のワークショップ・プログラムの中に
 会長 神山の和太鼓ワークショップがあります。
 是非、チェックしてみてください。




「和太鼓が初めての方でも全く問題ありません。
        バチの握り方から教えます!(神山)」



 開催日
 2013/07/22(月)

 開催時間
 13:00~16:00

 開催場所
 おがつ店こ屋街周辺
 石巻市雄勝町雄勝伊勢畑84-1

 参加料金
 1500円(石恋スペシャルプレート付き)

 定員
 8名

 予約はこちらから